ミノマイシンはニキビを解消するけど繰り返す!

1つ治ったと思ったら、また別の場所から顔を出すニキビ。

 

洗顔やパックなど工夫しても改善せず、皮膚科を受診する人も少なくありません。
ニキビ症状が比較的重い患者さんに処方される抗生物質として「ミノマイシン」という薬があります。

 

アクネ菌が増殖するのに必要となるタンパク質の合成を妨害することから、ニキビの改善に効果が期待出来るとされています。

 

しかし、血液中の成分濃度を一定に保つことで十分な役割を果たすタイプの薬であるため、使用を中断すると細菌がまた活発になり、ニキビが再発することが少なくないそうです。

 

また、それにより依存症になってしまうこともあるため、使用期間などを医師にしっかり相談して、正しく服用しましょう。

 

 

そもそもミノマイシンはニキビとどういう関係?

 

美肌にとって必要とされる細菌のアクネ菌。
毛穴がふさがるなどした場合に、肌を守るために必要以上に増加し、ニキビを発生させます。

 

そのとき、異常だと感知した皮膚細胞が、免疫を働かせることで炎症し、赤ニキビや化膿ニキビへ悪化していくのです。
ニキビ治療で処方される「ミノマイシン」という抗生物質は、細菌が生育するときに重要とされているタンパク質の合成を阻害し、細菌の増殖をおさえてくれる働きがあります。

 

直接的に細菌を攻撃する「殺菌」とは違って即効性はあまりありませんが、成長過程を邪魔して細菌が弱まっていくのを待つ方法であるため、細胞を壊すほどの大きなリスクはありません。

 

しかしながら、使い過ぎると、細菌が抗生物質などの薬に抵抗力を持ってしまうため、自己判断での使用中断や長期継続は控えたほうがいいでしょう。

 

どのくらいの期間飲めばニキビは薄くなっていくの?

肌の状態をコントロールする役割を担っているアクネ菌。

 

何らかの刺激によって肌を守ろうと増殖し、ニキビを発生させてしまいます。
場合によっては、赤く腫れたニキビや化膿したニキビにまで悪化することも。

 

抗生物質であるミノマイシンは、アクネ菌を増やすときに必要なタンパク質ができるのを防ぐ働きがあり、それによってニキビの炎症をおさえてくれます。

 

通常は1週間ほどでニキビの炎症がひいていくなどの効果が見られますが、治りかけで使用をストップしてしまうと反対に悪化してしまう場合もあるため、様子を見ながら医師と相談して使用期間を決めると良いでしょう。

 

また副作用としては、めまいや体のだるさの他に、胃腸の中の善玉菌を殺してしまうことで下痢や便秘などを起こすことがあり、注意が必要です。